現在の認定品目

58の認定品が伝える、
伝統の味、本物の味。

  1. TOP  >
  2. 認定品目一覧  >
  3. 都城盆地鶯宿梅の梅肉エキス

都城盆地鶯宿梅の梅肉エキス

無農薬・自然栽培から生まれた健康食品

ここが本場

宮崎県の都城盆地で「鶯宿梅」は昔から栽培されていました。その地で「生まれつき病弱で、病気の度に梅干を食べ生き抜いてきた」と語る徳重文子現会長が徳重紅梅園を立ち上げ、梅干しや梅肉エキスを先祖伝来の製法に沿って作り続けています。かつて下痢や腹痛、赤痢等の民間薬とされていた梅肉エキスは、免疫力アップに効果のある自然健康食品です。

本物のゆえんと魅力

現在製造されている梅肉エキスのほとんどは、大量の梅果汁をステンレス製等の大釜で2~3日煮詰めるという製法が主流である中、徳重紅梅園では家庭で使用されるサイズの土鍋を使い、焦げ付かぬよう絶えず人の手でかき混ぜながら7~8日間煮詰め続けるという伝統製法を継承。「二日よりも三日、三日よりも四日、時間をかけて煮詰めれば煮詰めるほど良いものが出来る」という言い伝えを守り続けています。

本物を育てた歴史と背景

鶯宿梅の梅肉エキスは歴史ある品種と製法を踏襲すべく、農薬を使用せず野草や自家製堆肥、梅園に生えるやぶ椿の実の絞り粕など、良質な有機肥料のみで育てた日本古来の品種「鶯宿梅」の青梅を、種と果肉に分け果肉だけを粉砕。果汁を絞り煮詰め続けて作り上げられます。このエキスは数々の地域の歴史書に記載されている、いにしえより人々の暮らしに馴染みのある健康食品です。

有限会社德重紅梅園
TEL. 0986-22-6325

この商品の公式サイトへ

トップへ